お酒を飲むと肝臓はどうなるの?しじみ習慣のメリットとは

お酒を飲むと、肝臓に負担があるという話はよく聞きますよね。この辺りをしっかり覚えておくと、毎日楽しく飲むお酒としじみの関係を意識的に考えられます。

お酒を飲むと、アルコールの90%が肝臓で代謝されます。肝臓に到達したアルコールは、二つの酵素によって毒性のあるアセトアルデヒドという成分に分解されます。この毒性の成分であるアセトアルデヒドは脱水素酵素という無害な酢酸に、肝臓の中で分解されていきます。アルコールは最終的に体外に排出されるのです。

アルコールを摂取すると、体に有害となるものを分解してもとの体に戻すために、肝臓が必死に働きます。アルコールの摂取量が増えてしまうと、肝臓はずっと休まる事がありません。そうなると次第に肝臓の中の酵素バランスが崩れてしまい、アルコールの分解も鈍くなっていきます。脂肪肝分解をするメカニズムが狂ってしまうと、肝細胞に中性脂肪がたまっていきます。これが一番大変な状況なのです。肝硬変になると肝機能は二度と回復しません。ちょっと考えたくない話ですが、肝硬変で亡くなってしまう人もいます。ただ、毎日お酒を飲んでいる人は、自分の体調に気づきにくい傾向にあります。お酒で体の不調を麻痺させて、無理をしてしまう人が多いでしょう。

このフル回転し続ける肝臓の働きを助けてくれるのが、しじみに含まれる成分です。肝臓の働きがしっかりしていけば、次の日体がだるくなる事もなくなっていきます。しじみ習慣のメリットは、二日酔いに効くという以上の大きな働きをします。しじみ習慣を飲用すると、スッキリすると感じるのは体感的なものです。

しじみ習慣の効能は、飲酒によって肝機能が低下した状態を健康なものにする力があります。スッキリしたと感じられるのは、日々負担をかけていた肝臓の機能が向上したためなのです。しじみ習慣を飲用すると感覚的にも効果が分かるだけでなく、実際に体内が健康な体に変える事ができるのです。

無料サンプル